専門業者に依頼して行うべきマンション大規模修繕工事

サイトマップ

作業服の男性

マンション大規模修繕工事を行うのは必須?

塗装

マンションを購入する際に、定期的にマンション大規模修繕工事をするルールになっていると言われた人も多くいらっしゃるのではないでしょうか。それを理由に毎月修繕積立費をオーナーは払うことになるのですが、これには拒否権はないのだろうかと疑問に思われたことはないでしょうか。そもそもマンション大規模修繕工事は法律で決められたルールなのでしょうか。国土交通省の「長期修繕計画策定ガイドライン」という資料の中には、確かに、「外壁の塗装や屋上防水などを行う大規模修繕工事の周期が12年程度」や「大規模修繕(周期12年程度)」などの記載があります。しかし「12年周期で行わなければならない」といった明確な強制力を持った文章は記載されていないのです。つまりマンション大規模修繕工事は、法律的なルールではなく、あくまで好ましいという表現にとどまっています。ただ実際は、マンションについては、賃貸契約で貸し出すことも多いので、その場合は、なるべく外壁や共同施設を最新の状態に保ち、美しい外観を維持することによって、賃貸希望者の数や賃料に影響がでることが多いです。そのために、実際には一定の周期で、専門業者へ依頼をし、大規模な修繕工事を行った方が良いというのが現実でしょう。

Recent Article

塗装

マンション大規模修繕工事を行うのは必須?

マンションを購入する際に、定期的にマンション大規模修繕工事をするルールになっていると言われた人…

ひび割れた壁

人気エリアの賃貸マンション大規模修繕工事のコツ

複数の鉄道路線が使えたり、大きな商業施設が集まる地域の賃貸マンションは、住まい探しをしている人…

クラフトペーパーの家

若手賃貸経営者に大人気のマンション大規模修繕工事

満室経営を実現するために様々な創意工夫を行っているのが、30代や40代の若手賃貸経営者の特徴で…

塗装職人

マンション大規模修繕工事は専門業者に実施してもらおう

外観は綺麗で新しく見えるマンションでも、経年劣化が進んでいたりするものです。特に経年劣…

TOPへ